血行不良するためには整膚と長風呂

サイトマップ

トップバナー

血行不良にも整膚

血行不良の根源が筋肉疲労

「血行不良」は整膚の方法が筋肉の蓁から活発へと向かわせてくれるので有効なものとなっています。整膚をやることで血行不良が改善されてきて色々な症状を改善してくれます。そして血行不良の根源が筋肉疲労によるものならば時に効果は向上すると思います。血行不良の根源が明確じゃない時には、筋肉が硬くなっている場所をほぐしてください。

この方法で少なからず楽になったなと思ったときには血行不良の根源が筋肉疲労であります。どうしてこういった筋肉疲労を引き起こすのかというと様々な理由が存在するのですが、いうなればデスクワークの人のケース、ずっと同じ姿勢で長い時間椅子にじっとしていますよね。

整膚やマッサージを始め整体を軽く取り入れる

そして最近は一日中デスクワークを行う人も多いので、腕や肩が前にくる姿勢で固まってますよね。そうなのに同じ姿勢を持続する事で筋肉に乳酸という疲労物質が蓄積されます。そうなると筋肉が 緊張した症状になってしまって固まります。そうして血管を圧迫し、血行不良を引き起こし、同じときに痛みも生まれてしまうようになってしまいます。

血行不良を引き起こすと疲労物質が溜まりやすくなるために、疲労物質の悪循環がおこることになります。筋肉疲労をためないには、ずっと同じ姿勢を取っているのではなくて定期的に席を立つなどして姿勢を変更すること、整膚やマッサージを始め整体を軽く取り入れること、お風呂に入るなど、血行を良くするような生活に変更することが大事となってきます。

お風呂も同時活用

お風呂

入浴は毎日行う日常だと思いますが、入り方ひとつで体の辛い症状が良くなると言われています。そして整膚等でせっかく体の症状を改善しても、そののちのケアが違っていればただちに元の悪い状態に戻ります。整膚の効果を持続させたり向上させたりする事には入浴方法も上手にする必要がありますが、最初に入浴は出来れば湯船に使ってほしいということです。

肩までしっかりとつかりたくなってしまいますが、健康を考えるにはみぞおちほどの半身浴で充分だと思います。湯船で少し体を反らしながら10から15分ほどその状態で入浴してください。そうすればジワジワと汗が出てきます。よく20分以上入っている人がいますが、そのような長風呂をしなくても汗をかいたら肩まで一瞬ザバッと一気につかり上がれば、体の血の流れが活性化され効果がとてもわかるようになるのです。

ポイントイラスト湯船の中で軽いマッサージを行う

可能なら毎日続けて欲しいですが、毎日湯船は…と言う人は、週に2回から開始するのが良いです。だけど空腹状態の場合、お風呂に浸かっていると体力消耗が激しくなるので注意してください。そして入浴での効果を向上させるには湯船の中で軽いマッサージを行うという方法も存在します。

ウエストまわりのツボを刺激したり、マッサージしたりすることによりとても効果が期待できます。更に湯船から上がったら体を冷やさないように冷たい物は飲 まないようにグッと我慢し、白湯を飲んでください。そしてやっと上がった体温を逃さないように暖かめの格好を心がけてください。 体温は上がりにくいですが、下がるのは早いので、しっかりとした対策をしましょう。

整膚の身体への良い効果