これまでの整膚の歩みとマッサージとの違いについて

サイトマップ

トップバナー

整膚の歩みとマッサージの違い

皮膚を引っ張り上げ筋肉の芯まで効果を呼び掛ける

最近「整膚」という治療が報道されたりしていて、その治療を受けようとたくさんの人が整膚を行っているようです。基本的には、肩凝りや腰痛、血行不良等をよりいい方向へ近づけると言う事なのですが、このような治療にはこれまで他の治療でもやってきたと思います。どうして新しく整膚を含んだ方法をした方がよいのか、マッサージと整膚ではどこが違うのかそれらの違いを紹介します。

先に整膚に対してですが、皮膚を引っ張り上げ、筋肉の芯まで効果を呼び掛け、それから血行促進を促し筋肉をリラックスさせていこうという方法です。それに対しマッサージとは筋肉が硬直・緊張している部位に手技を使用し筋肉を押したり撫でたりし、緊張を緩和していくというやり方になります。

整膚に進む方も増加していく

だけど整膚が筋肉に何もダメージを与えないのに対し、マッサージは手技の力加減が強いと筋肉にダメージを加算してしまいます、筋肉自体の弾力が消えるとマッサージ効果も全くでない可能性もあります。体に適したマッサージを行うことで逆に血行障害をわずらわってしまう可能性もなくはないです。

このような整膚とマッサージはやり方が違うので筋肉に出る効果とダメージが変化します。整膚よりマッサージが有名ではありますが、これからは整膚と比べられて整膚に進む方も増加していくのではないでしょうか。どちらを受けるかは人により違うとおもうのですが、何が違うのかというのは知識として記憶しておくといいかもしれません。

整膚の歩み

名古屋で整膚は生まれたのですが、整膚を発見したのは徐堅博士という中国の人でした。当初は高齢者への健康指導、スポーツ選手を相手に治療等をやっていた時に、整膚の施術方法を見つけ出したそうです。これは素晴らしいことで健康体に近づけるだけではなく美容にも癒しにも期待できます。

最初は皮膚をつまんで引っ張ってというやり方でしたが、そののち、整膚の理論や技法を明確にし今は70種類ほどのやり方が存在します。名古屋から誕生した整膚は現代、アメリカや中国を中心に世界10ヶ国以上に広まっています。整膚がWHOに推薦されたのは1997年のときで、中国医学は何千年もの歴史がありますが、もっと前進したという評価されたのです。

ポイントイラストガン患者への治療にも期待できる
肌マッサージ

のちに整膚はガン患者への治療にも期待できるのだという結果出てきたこともふまえ、WHOの実験基地の整膚学顧問として徐堅博士が広めたようです。整膚は肌に刺激を与え健康的に美容的に効果をだし良くしてくれると同時に、脳細胞が活性化への効果もあります。脳細胞が活性化されると頭脳のアンチエイジング?身体のアンチエイジングにも膨大に役立つこととなります。

生きるための力を湧き立たせてくれる整膚はとても新しいやり方で、整膚を体験も整膚を行うも健康 体へと近づいていくと言われています。日本でもまだ完全に普及しているとは言えない整膚ですが、 これが日本全体に普及し、それが、世界的に認められ、有名になる整膚はこれから ももっと大きく成長し、歴史を刻むのではないのでしょうか。資格などもこれからでてきて重宝されることが 考えられます。

整膚の身体への良い効果